ファンタジー・アドベンチャー期に入った『ラビリンス/魔王の迷宮』

『ラビリンス魔王の迷宮』

『ラビリンス魔王の迷宮』

おとぎ話が大好きな15歳のサラは、空想の世界に遊ぶのが大好きな少女。
両親が外出するため、異母弟・トビーの子守りを任されたサラ。
なかなか泣き止まないトビーに愛読書”ラビリンス”に登場する呪文を唱えてしまう。

「お願い、今すぐこの子をどこかへ連れ去って。」

サラに興味を抱いていたゴブリンの魔王・ジャレス。
ジャレスはサラの呪文を真に受けて弟のトビーをジャレスの支配するゴブリンの世界「ラビリンス」に連れ去ってしまった。

トビーを返してと懇願するサラに対し、ジャレスは13時間以内に自分の城に来たら弟は返すと約束する。
時間内にトビーを連れ戻さなければ、ジャレスの魔法でゴブリンに変えられてしまう。
サラはトビーを救うために迷宮世界ラビリンスへと向かった。

『ラビリンス魔王の迷宮』

ファンタジー・アドベンチャー期に入った『ラビリンス魔王の迷宮』

『ラビリンス魔王の迷宮』の最大の魅力は、やはり表情豊かなパペット達です。
作中で登場するジャレスとサラ以外のキャラクターのほとんどがパペット(人形)になります。

最先端のパペット・アニマトロニクスで動かし、個性あるパペット達に命を吹き込んでいます。
この魅力的なパペットたちを監修しているのが巨匠ジム・ヘンソン。
『セサミストリート』『マペット』で有名な監督と言えば納得して頂けると思います。

そしてもう1つの魅力は魔王ジャレスをデヴィッド・ボウイです。
彼が動き出すと悪役なのに華がある、、、そして見入ってしまいます。
ぜひデヴィッド・ボウイのスター性も楽しんでみてください。

Top